案内用

大人ニキビの治し方診断室へようこそ!大人ニキビの治し方って、できた場所や、肌質によっても全然違うのでなかなかケアが難しいですよね。当サイトでは、年齢別、肌別、ニキビの出来た場所によって治し方や予防の仕方、おすすめの大人ニキビ用の化粧水などのニキビケアグッズを解説していきます。是非チェックしてみて下さい。
>>人気ランキングはこちらから<<

大人ニキビの特徴

大人ニキビ

大人ニキビには、思春期のニキビとは異なるいくつかの特徴があります。思春期と比べ、大人ニキビは広範囲に発生します。10代のニキビは主に顔の中心にできますが、大人ニキビはさらに首のまわりや顔の端などにもできます。また思春期のニキビよりも大人ニキビは再発しやすく、治癒まで時間がかかります。

主な原因

nikibiseijou1
nikibishoki

主な原因は、ストレスや肌の乾燥が中心です。ストレスがたまる事によって、ニキビの元となるアストロゲンが出てきます。このアストロゲンによって皮脂が増えて、ニキビが出来ていくんですね。そして大人ニキビは、肌の乾燥からターンオーバーがしにくくなり、角質がたまってしまう、という要素やストレスによるホルモンのバランスが崩れてしまう、という部分も絡んでくるため、治し方が人それぞれ違って難しいのです。

指示棒

基本的に、思春期のニキビはオイリー肌の人に多いですが、大人ニキビはオイリーでない肌にもでき、また、皮脂分泌の少ないあごや頬などのフェイスラインにできやすいのが特徴です。ストレスや不規則な生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因がからみあって起こります。

このように、大人ニキビは原因が複雑なため、ケアの方法は厳選していく必要があるのです。

大人ニキビケア人気ランキング

次に、大人ニキビのケアで人気の高いアイテムを紹介していきます。

  1. オールインワンタイプならパルクレールジェル

    パルクレールジェル
    保湿しみ・そばかす乾燥肌顔まわり・背中

    パルクレールジェルは、大人ニキビの中でも多い、背中ニキビやあごニキビに悩む方に一番人気のオールインワンタイプの無添加ジェルです。大人ニキビをケアしていく上で、あご周りのニキビケアは、洗顔や食生活の改善などでは、難しい事が多いと思います。集中的に、あごニキビをケアしたい方に、一番おすすめ出来るオールインワンジェルです。

    特にパルクレールジェルのすごいところは、肌ケアのサポートがついているところです。ニキビケアで多いのが治ったと思ったら、またすぐに出来て、ぶり返して、治してを繰り返すうつにニキビがどんどん悪化してしまう。これを防ぐためにも、何に気をつけるべきか、サポートスタッフがついているというのは、パルクレールだけ!

    本気で治したい方は、定期購入がおすすめです。なぜなら、永久返金保証がついているんですね。また、定期購入でついてくる無添加のカラーコントロールクリームを使うと、ケア中の大人ニキビに塗るだけで1日しっかり消せるのが使い勝手が良いです!

  2. 一度試す価値があるのはルナメアAC

    ルナメアAC
    保湿乾燥肌・脂性肌顔まわり

    ルナメアACは、モチモチした泡ができる洗顔料と、肌のタイプにあわせてしっとり系の化粧水と、サラサラ系の化粧水、最後にジェルクリームと、この3つで使ってニキビケアを行っていきます。スターターセットで、1週間分届きます。1000円で試せるのは、お財布にも優しくていいですね。

  3. VCスターターセット

    vcスターターキット

    VCスターターセットは、ビタミンCの200倍「VC200」を用いた、大人ニキビケアのセットです。VCローションと、薬用VCエッセンス(美容液)、VCビタール(クリーム)が1週間分あります。1000円で試せてしかも30日間全額返金保証もついていたりと、ニキビケアを試したい方に人気のセットです。

  4. IKKOさんおすすめのクレンジングセラムデュー薬用アクネスターターセット

    セラムデュー

    セラムデュー薬用アクネスターターセットは、化粧水とクレンジングのセットです。クレンジングはノンオイルのタイプで、化粧水はサッパリした使い心地のタイプです。ノンオイルのクレンジングで汚れをしっかり落としてニキビケアしてくれます。敏感肌の方にもOK!

  5. ニキビ跡対策として高品質なブースターならリプロスキン

    リプロスキン

    リプロスキンは、ニキビ跡ケア用の化粧水として、人気ですね。ブースターとして使う方も多く、リプロスキンを使って浸透力をアップさせて美容液などを使う事でケアだけでなく、ニキビ予防にも!

ストレスと男性ホルモン

大人ニキビの悪化原因となっているストレス。どうしてストレスを感じると、ニキビが出来てしまうのかというと、ストレスを感じると、体が反応して副腎という臓器を刺激します。そこで、アドレナリンが作られ、さらに男性ホルモンも分泌されるんですね。

男性ホルモンが増えると、皮脂が増えたり角質が厚くなったりしって、ヒゲがはげる顎~口の周りのなどが毛穴がより詰まりやすくなって、大人ニキビが出来やすくなるんですね。

生理前と女性ホルモン

また、生理前にニキビができやすいのは、女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が原因です。
プロゲステロンは排卵後から分泌量が増え、生理が始まると減少するのですが、皮脂分泌も増加させ便秘もしやすくなってしまったりするんですね。それが原因で大人ニキビになってしまいやすくなります。生理前は特に食事内容に気を付けるようにしましょう

出来る場所

大人ニキビは出来る場所が、人によって様々です。思春期ニキビどうように、おでこ、Tゾーンはもちろん、他にも口の周りのニキビ、アゴニキビ、フェイスラインに出来るニキビから、背中に出来るニキビなどあります。人それぞれによって出来る場所が違ってくるため、ニキビの場所にあったケアの方法が必要です。

治し方

大人ニキビを治すことがむずかしいのは、人によって原因がさまざまだからです。思春期のニキビは、ホルモンバランスの崩れが原因で発生します。それに対し成人後のニキビには、日ごろのストレス、偏った食事、睡眠不足、間違った化粧品選びなどさまざまな原因が考えられます。大人ニキビを改善するには、生活を見直し、自分に心当たりのある原因をひとつずつ取り除いていくことから始めなければいけません。

皮膚科に行く場合

大人ニキビがなかなか治らない場合、皮膚科を検討する事もあると思いますので、どの程度なのかチェックする方法を解説します。

軽症:ニキビの数が片方の顔で5個以下
中等症:ニキビの数が片方の顔で20個以下
重症:ニキビの数が片方の顔で50個以下
最重症:ニキビの数が片方の顔で51個以上

と分類されるのですが、ニキビの数が、片方の顔に50個以上ある場合は、早く皮膚科にいきましょう。薬によって炎症をおさえる治療が必要なレベルです。

大人ニキビの種類

白ニキビ(閉鎖面皰)

白ニキビ

初期の大人ニキビは、中心に白い芯のある形をしています。

これが白ニキビです。真ん中の白い塊は、毛穴に皮脂が集まったものです。白ニキビは毛穴が詰まり皮脂が詰まっているが炎症は起きていない状態です。膿ができているときは、押すと軽い痛みを感じます。白ニキビの症状が進むと、真ん中が黒くみえる黒ニキビになります。

黒ニキビ(開放面皰

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴に溜まっている皮脂の塊が酸化して黒くなった状態です。毛穴が黒くなるので目立ちますが、触らないかぎり黒ニキビがひどく痛むことはありません。ここからさらに進行すると、赤ニキビとよばれる状態になります。

赤ニキビ

赤ニキビ

このニキビの特徴である赤味は、毛穴周辺の皮膚の炎症です。赤ニキビは、ほうっておいても痛さやかゆみが感じられます。

黒ニキビや赤ニキビは、ファンデーションでもうまく隠すことができません。早く治そうと焦るあまり、大人ニキビを強くこすったり爪でつぶしたりする人もいます。しかしこれは美容上は逆効果です。無理につぶすことで皮膚が大きなダメージをうけるため、治癒後も毛穴が開いたままになることがあるので気をつけましょう。

黄ニキビ

黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビの炎症が進行し、膿みをもった状態です。

大人ニキビの予防

大人ニキビの予防で一番効果的なものは、丁寧な洗顔、スキンケアです。肌の角質を綺麗にして、ターンーオーバーを正しいサイクルにする事で、肌の新陳代謝がよくなります。その上で肌の乾燥を防ぎ、食生活でも、糖質、脂質などをバランスを考えていく事で、さらに予防に繋がっていくのです。

肌のタイプ別診断

肌診断

肌のタイプによっても、ケアの仕方はかなり変わってきます。ですので、自分に合うものをしっかり選んで大人ニキビの対策を行っていきましょう。

オイリー肌の場合のケア

オイリー肌の特徴

  • ベタつきが気になりやすい
  • 化粧くずれしやすい
  • すぐにニキビができる
  • 顔全体に皮脂が浮いている
  • 小邸の周りの毛穴が間立つ

皮脂が過剰に分泌され、テカリやベタつきが起きやすくなっている状態です。顔だけでなく、背中や噸皮、胸などに見られることも。オイリー肌の人は、皮脂が多くてメイクがくずれやすいので、乳液やクリームなど、油分を含むものはつけないこと。ビタミンC誘導体配合のものを使うのがおすすめです。

乾燥肌の場合のケア

乾燥肌の特徴

  • 肌がかさかさしてつっぱりやすい
  • ファンデーションが粉浮きする
  • 化粧品がしみることがある
  • 口もとに粉をふきやすい

乾燥肌とは角髄|画の水分戯が30%以下になった状態。健康な角質卿にある保湿成分が不足し、水分がキープできなくなっています。

混合肌の場合のケア

  • カサつくのにべタつく感じがする
  • ほおが赤くなりやすい
  • ほおにかゆみを感じることがある
  • ロにニキピができやすい

皮脂量が多く、水分量の少ない肌の状態です。もっとも敏感に傾きやすく、ニキビなどのトラブルも起きやすくなっています。

普通肌の場合のケア

  • 肌はとくに乾燥していない
  • ベタついている箇所がない
  • ニキピはできていない
  • 肌につやや張りがある

水分量が多くて皮脂が少なめなのが、理想的な状態。年齢や生活習慣、生理周期によって肌質が変わる可能性もあるので気をつけてください。

ニキビ跡(痕)

ニキビ跡の色素沈着

白ニキビと黒ニキビは、炎症が起きていないので、適切な治療を行えばニキビ跡を残さずに治ります。しかし、炎症が起きてしまった赤ニキビと黄ニキビは、炎症が治まった後の皮膚のダメージが大きいと、ニキビ跡(痕)として残りやすくなります。

ニキビを火山に例えるなら、高熱のマグマが火口に達して爆発すると、周囲の地域に被害を及ぼし、火山自身も深い噴火口を作って元の姿に戻ることはないのと同じです。特に炎症が皮膚深部に達していると、真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾力を産む組織にダメージが及び、ニキビが治った後でも十分に回復できなくなるのです。

これがいわゆるニキビ痕、あばた(瘢痕)となってその後もずっと残ることになります。
ちなみに男性のニキビ痕が女性に比べて深くなりがちなのは、男性の皮膚は女性より厚いために、炎症が深部に及ぶとダメージも大きく、回復しにくいからなんですね。

ニキビのできやすい体質ってある?

他の病気のように、遺伝がニキビに及ぼす影響はあまり大きくはありません。しかし、皮脂が酸化しやすい体質の人はニキビができやすくなります。  生きている限り、ヒトは酸素を吸ってミトコンドリアで生命活動に必要なエネルギーを作り出し、不要となった二酸化炭素を吐く、というサイクルを繰り返しています。

この過程で活性酸素が産生されます。活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスを退治するのに非常に役に立つ一方、過剰な分はDNAやタンパク質まで攻撃し脂質を酸化させてしまいます。

これが体をサビさせる、いわゆる老化のプロセスです。  ヒトの体には、この過剰な活性酸素を中和する抗酸化酵素というものもあるのですが、活性酸素があまりにも多いと中和が追い付かず、結果として体のサビが進んでしまいます。

体の酸化をできるだけ抑えることが、ニキビを減らし、ひいては老化をゆるやかにするキーポイントになります。活性酸素は喫煙や紫外線などでも発生しますので、たばこはやめ、なるべく紫外線に当たらないように気を付けましょう