「ニキビは潰すと早く治る」ということを聞いたことがある人は結構多いと思います。確かにニキビの種類によっては潰した方が早く治るものもあります。しかし、逆に潰すことによって炎症が悪化したり、腫れがひいた後に跡となって消えない凹凸やシミ、赤みになってしまうこともあるのです。

では、どのような種類のものなら潰してもいいと言えるのでしょうか。

潰しても構わないのは炎症を起こしていない状態のものに限られます。ですので先が赤くなっていたり、黄色い膿が見えているものは決して潰してはいけません。潰すと中にたまった白い芯のようなものや膿が出ますので一瞬は腫れた感じもなくなりますが、皮膚に圧力を加えたことで炎症を奥へと広げてしまう場合があります。

また、炎症が起こっている部分の皮膚に傷をつけてしまうことにもなりますので、その傷から雑菌が侵入してより炎症がひどくなってしまうこともあるのです。

一方、潰してもいいニキビと言えるのは先が白くなっているものや黒くなっている、炎症を起こす前の状態のものです。これは簡単に言えば毛穴に皮脂が詰まっているだけの状態で白く見えるものは皮脂、そして黒いものも空気に触れて酸化して変色した皮脂なのです。

皮脂は本来であれば自然に毛穴から出ていくものですが、皮膚の状態や皮脂成分自体の問題で毛穴から出ることができなくなることがあります。そんな時に外から圧力を掛けたりしてその皮脂のつまりを取り、炎症が起こるのを防ぐことが「潰して早く治す」という方法にあたるのです。

ただし、皮脂が詰まった状態だけの時も正しい方法で皮脂を押し出す必要があります。まず、押し出す際にはできるだけ皮膚に負担を掛けない方法で行いましょう。できれば薬局などで購入できる「コメドプッシャー」という器具を使うと負担を最小限に抑えられます。また、衛生面にも気をつけることが大切です。押し出しを行う際には手指や器具を消毒して使い、上手く皮脂を出せた際にはその後に洗顔をして清潔に保つようにすると細菌感染や炎症を防ぐことができますよ。