大人ニキビに効く成分に「グリチルリチン酸ジカリウム」というものがあります。なんだか専門的な言葉で、聞きなれないという人も多いと思います。でも、お薬や化粧品、シャンプーなどに入っている身近な成分なんです。甘草という植物からとれる成分です。グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える効果を期待して、風邪薬や漢方薬にも配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果とは?

この「グリチルリチン酸ジカリウム」はニキビに対して期待できる効果として

・皮膚の炎症を抑える効果
・皮脂を抑える効果

があります。

大人ニキビは白ニキビ・黒ニキビ→赤ニキビと変化していきます。この成分はどの段階でも効果が期待できるんです。白ニキビ・黒ニキビは毛穴に皮脂がたまっている状態です。ですので、皮脂を抑えることでニキビ改善に効果が期待できます。

赤ニキビは皮脂がたまったうえに炎症を起こしている状態です。炎症を抑える効果がありますので、この状態のニキビにも効きます。

ニキビケアにもグリチルリチン酸ジカリウムがいい?

グリチルリチン酸ジカリウムは化粧品に配合されていることもありますが、ニキビへの効果を狙って配合されてるとは限りません。効果を期待するのであれば、ニキビへの効果を明記している商品を購入しましょう。

このグリチルリチン酸ジカリウムが入った塗り薬はドラッグストアでも簡単に手に入ります。色んなメーカーがあって迷う場合は、お薬の知識を持った店員さんに聞いてみましょう。お薬にはニキビに効果のある他の成分も入っているので、状態に合った商品を案内してもらえるでしょう。

自分で対処するには効果的な成分ですが、ニキビの状態によっては病院で治療してもらうことも必要です。

・塗り薬を使ってもなかなか改善しない
・赤みがひどくなって痛みも強い

などの場合は、ちゃんと病院に行って診てもらいましょう。症状がひどい場合は市販の商品では対応しきれないこともあります。ニキビ跡を残さないためにも、ニキビの状態を確認しましょう。
とはいえ、自分で対処できる時にはおすすめの成分です。店頭で商品を選ぶ時の参考にしてみてください。”