黄ニキビ

黄ニキビとは、毛穴に黄色い膿がたまり、さらに周りの皮膚が腫れて炎症をおこしているニキビの中でも末期症状を指します。ニキビのなかでも症状がもっとも重いものが黄ニキビです。ニキビには段階があり、黄ニキビになる1歩手前の段階を赤ニキビとよびます。赤ニキビの炎症が悪化することで化膿して、膿がたまっていって腫れしまったものが黄ニキビです。きれいに治すには、黄ニキビにまで重症化するまえに治療をすることが大切です。

赤ニキビから黄ニキビになる状態

赤ニキビは、毛穴につまった皮脂にアクネ菌が繁殖して皮膚が炎症をおこしている状態です。痛みはありますが、赤ニキビの段階なら毛穴周辺の皮膚細胞はまだ大きなダメージをうけていません。黄ニキビは、赤ニキビの炎症がひどくなり、皮膚が化膿してしまった状態を指します。ここまで進行すると、毛穴周辺の真皮まで傷ついている可能性が高くなります。

黄ニキビの治し方

皮膚科

ニキビの炎症が治まっても、真皮細胞のダメージは簡単には回復しません。だから黄ニキビのあとは、毛穴がクレーターのようになって残ることがよくあります。さらに日光の紫外線の影響で、クレーターのようなニキビ痕に色素が沈着して、肌に赤っぽいシミまでできることも珍しくありません。きれいな毛穴に戻すために、黄ニキビになるまえに治すことが必要なのはこのためです。

膿がたまるまで進行したニキビを治療するには時間がかかります。黄ニキビを少しでも早く安全に治すには、皮膚科を受診するほうがいいでしょう。皮膚科では毛穴の状態をみながら、炎症をおさえる抗生物質などを必要にあわせて処方してくれます。毛穴につまった皮脂と膿も、皮膚科では清潔な器具で取り除いてもらえます。

洗顔の仕方

化膿してしまっている状態での、洗顔は、とにかく優しく洗う事が大切です。ゴシゴシと洗顔をしてしまうと、ニキビが潰れて膿が出るだけでなくて、さらにタオルについている雑菌が、潰れた傷口から、入ってさらに炎症、化膿がひどくなる恐れがあります。これが、結果的にニキビを増やしたり、ニキビ痕になってしまうのです。

洗顔フォームをしっかり泡立てて、肌を手でさわらないように、ゆっくり手を動かして洗顔をするようにして下さい。

かゆい時はどうしたらいい?

黄ニキビがかゆくなる事も当然出てくると思います。肌が乾燥していればなおさらでしょう。そういう時は、洗顔フォームを使う事はやめて、お水で洗い流すようにしてみてください。洗顔フォームの使いすぎで、今度は潤いが減って肌の乾燥、かゆみの原因となてしまうんですね。適度な保湿が必要です。

黄ニキビって潰すとどうなる?

膿を出せば、黄ニキビは治るんじゃない?と思う方もいるかもしれません。

ですが、化膿している段階で、肌のバリア機能などは弱くなっていて、肌が非常に弱い状態となっています。その状態で、傷を付けると、痕が残りやすいのです。さらに、指で潰してしまった結果、膿と一緒に皮膚も盛り上がってしまい、デコボコの痕になる可能性が非常に大きいです。

どんなに早く治したいと焦っていても、黄ニキビを自分で爪でつぶしてはいけません。爪から雑菌がはいるため、毛穴周辺の炎症がさらにひどくなります。黄ニキビ周辺の皮膚は炎症で傷つきやすくなっています。炎症が悪化すると、皮膚のダメージも進行して肌に痕がのこるリスクが大きくなります。

黄ニキビをきれいに治すには、皮膚科での治療に加え、自宅でのケアも必要です。ふだんから洗顔をこまめにし、毛穴と周辺の皮膚を清潔に保つようにしましょう。刺激を極力さけるために、顔にかかる髪をうえに上げる、無意識のうちに手が触れないように注意するなどの工夫も必要です。