白ニキビ

白ニキビは、角栓がつまって毛穴が閉じ、なかに皮脂がたまった状態を指します。白ニキビは医学的には閉鎖面皰とよばれます。

白ニキビの主な特徴

白ニキビは、ニキビのでき始めにみられる症状です。痛みがないうえめだちにくく、肌をみてもニキビがあるとはすぐにはわかりません。ここで正しく対処して、悪化するまえに白ニキビをきれいに治しておきましょう。症状が進むと、ニキビを治すには時間かかるうえ、痕を残さずに治癒させるのがむずかしくなります。

数日後に自然に治ってしまう白ニキビもあります。とはいえ、白ニキビを放置することは一般には勧められません。ふつうは白ニキビをほうっておくと、毛穴が次第に黒っぽくなり、黒ニキビとよばれる状態に進行します。

毛穴の角栓

黒ニキビの毛穴につまっているのは、コメドとよばれる角栓です。黒ニキビがたくさんできたら、自分で治すことはむずかしくなります。皮膚科を受診して、コメドプッシャーという医療器具で、黒ニキビの角栓を医師に取り除いてもらわなければいけません。

白ニキビを放っておいたために、毛穴につまった皮脂にアクネ菌が繁殖することもあります。こうなると、雑菌の影響で毛穴周辺の皮膚に炎症がおき、赤ニキビとよばれる進行した肌疾患になってしまいます。

洗顔

白ニキビのケアと予防は、丁寧な洗顔が基本です。毎日根気よくクレンジングを続け肌を清潔に保てば、たいていの白ニキビは治すことができます。もしもよくならないようであれば、皮膚科へ行って専門医に相談しましょう。治りが遅いからといって、皮脂を出すために白ニキビを自分の爪でつぶしてはいけません。

白ニキビは背中や口の周りによくできます。できやすい場所は、とくに丁寧に毎日洗うようにするといいでしょう。ただスクラブ入りなどの刺激の強い洗浄剤は避けてください。毛穴がかえって傷むので、刺激の強い洗顔はニキビを悪化させる原因になります。

予防するには?

白ニキビを予防するには、からだのホルモンバランスを整えることも大切です。たとえば女性のなかには、生理日の前後に白ニキビができやすい人がいます。これは生理を境にして、からだのなかで黄体ホルモンが急激に増減するためです。

生理によるホルモン量の変動を抑えることはできません。しかし生活を見直すことで、ホルモンバランスを乱すほかの原因を取り除くことはできます。

急激な環境の変化を避ける、ストレスの少ない生活を送る、充分な睡眠をとる、バランスのいい食事を規則正しくとるなどしてみましょう。体調が整い、ホルモンバランスも次第に安定して、白ニキビが次第にできにくくなります。