おでこニキビ

おでこニキビの治し方を解説していきます。

もっともニキビができやすい場所のひとつはおでこです。おでこから鼻にかけての部分はTゾーンとよばれ、顔のなかでも皮脂の分泌量が多いことで知られています。

おでこのニキビがやっかいなのは、思春期だけでなく大人になってからもあらわれることです。おでこは年齢を問わず汗をかきやすい箇所のため、成人の方でもおでこにニキビはできます。とくに脂性肌の人は、おでこのがんこな大人ニキビに悩まされることがよくありますね。

おでこにニキビができてしまったら、すぐに対処して治すことが大切です。おでこには前髪がかかるため、毛先が触れることでニキビが悪化しやすいからです。毛穴の周りの皮膚が炎症をおこして赤ニキビに進行すると、治ってからもおでこにニキビの痕が残ることもあります。

おでこニキビの原因は?

思春期のおでこニキビの原因はホルモンバランスの変動です。しかし成人後のおでこニキビは、誤ったスキンケアや生活習慣によって引き起こされます。大人のおでこニキビは、本人の努力次第で原因を取り除き、治癒させることができます。他に、おでこニキビができる原因としてストレス、ビタミンB群の不足が考えられますね。

おでこニキビの具体的な治し方

おでこニキビの治し方の基本は、丁寧な洗顔をまめに行うことです。低刺激の洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡でやさしくおでこを洗うようにしましょう。必要ならおでこだけはダブル洗顔をしてください。ただしごしごしと指でおでこの皮膚をこすって刺激してはいけません。皮脂が十分に落ちたと思ったら水で泡をきれいに流します。洗顔料の成分が肌に残っていると、ニキビをかえって悪化させることになるので注意しましょう。

スキンケアの仕上げがおでこニキビの予防にいい

おでこニキビ予防のスキンケアの仕上げに、保湿成分配合の化粧水や、皮脂抑制作用のある美容液を、洗顔後におでこにたっぷりパッティングします。あとはヘアバンドで前髪をあげ、就寝中も毛先がおでこに触れないようにすると、ニキビ改善にさらに効果があります。

おでこニキビが治るまでは、できれば日中も前髪をアップにする髪型に変えるほうがいいでしょう。昼間も髪がおでこに触れないほうがほうが、ニキビの治りが早くなります。ニキビを隠すために前髪を額に集めたり、ファンデーションを塗ったりすることはやめてください。強い刺激で、ニキビの悪化を招きます。

日頃の注意でおでこニキビを予防することも可能です。

おでこにニキビを作らないためには、余分な皮脂を肌に残さないことがなにより大切です。外出先へは脂とり紙を持参し、おでこの皮脂を紙でまめに吸い取ると、おでこのニキビができにくくなります。さらに自宅では朝と晩に、洗顔を中心とする丁寧なスキンケアを行ってください。こうして皮脂の量を適正に保っていれば、おでこニキビはできにくくなります。

シャンプーのすすぎも気をつけて

シャンプーの泡のすすぎも丁寧に行うことが大切です。髪を洗ったときの泡が前髪の生え際に残り、おでこニキビの原因になることがあります。シャンプーの成分を残さないように、十分な量のお湯でしっかりと泡を洗い流しましょう。

シャンプーの成分もチェックすることが必要です。シャンプーによく含まれるシリコンは、毛穴をふさぐ危険の高い成分だからです。おでこニキビの予防のためには、ノンシリコンで低刺激のシャンプーをできれば選ぶようにしてください。

おでこニキビを予防するには、体調を内側から整えることも大切です。自律神経を整え、ホルモンバランスを正しく保っていれば、おでこやTゾーンの皮脂の分泌量も抑えられます。

そのためには、規則正しい生活習慣を身につける努力をしましょう。自律神経の安定のためには、夜更かしをしない、十分な睡眠をとる、油ものや甘いものを控え栄養バランスのいい食事に変える、精神的ストレスをためこまないなどの工夫を続けることが必要です。

早めの対処と予防方法を覚えておけば、おでこニキビは怖くありません。社会人になってから悩まされないためにも、おでこニキビの治し方についての正しい知識を身につけておきましょう。