思春期の頃とは違って成人してからもニキビというのはできます。それは大人ニキビと呼ばれています。思春期ニキビと違うのは繰り返しおなじ所にできてしまう頑固なニキビであるということです。このニキビを撃退する為には、単発の方法では効果は期待できないでしょう。

肌のサイクルは基本的に28日周期です。その周期ごとに肌は新しいものに生まれ変わります。そこまで進行していないニキビの場合ならその肌の生まれ変わりの時期には綺麗になる場合が多いですが、大人ニキビの場合はそう簡単にはいきません。もちろん治す為に色々な市販薬などを試すのも良いでしょう。

ですが大人になると乾燥肌に悩む人がいます。それこそが原因に大きく関係しているのです。なので、おなじ大人でも正しいスキンケアができている人はニキビはできていません。できてもすぐに治りますので、それぞれが自分に合ったスキンケアの方法を知る事こそが治すことができるのです。

乾燥肌だからといってむやみに潤すだけではダメです。適度な量を守ってその量でしっかりと肌に浸透させるように潤すことが大事です。また、お風呂などから出た時は体は潤っているようで潤っていません。お風呂から出た時は5分以内には肌を乾燥させない為にもしっかりと保湿をしてあげましょう。

朝番のスキンケアを怠らないことと、お風呂あがりと寝る前にもできれば保湿をしてあげましょう。季節によっても保湿のタイミングなどは変わってきます。秋や冬はただでさえ乾燥しやすい時期なので、いつもよりも余計に敏感に保湿してあげましょう。ですがだからといって夏の汗をかく時期でもしっかり保湿することは忘れないようにしましょう。

肌が汗ばんでいるからと言って保湿をしないのは間違いです。正しいやり方を知っていればそれを続けるだけでニキビはできなくなりますので、わざわざニキビを治すような薬などを買わなくてすみます。肌にも負担をかけないでいいのでいいことだらけですよね。